プロフィール


[ 名前 ] 野村有志
[ 生年月日 ] 01/17
[ 血液型 ] AB型

16歳に俳優をはじめ、様々な舞台、 映画、テレビの仕事を開始。 24歳に一度、俳優業一年休暇の後、 再び、活動開始。 劇団オパンポン創造社発起人であり、 現在、舞台、テレビ、演出と幅広く活動。 又、俳優業だけに留まらず、 当劇団の脚本、演出も全て手掛けている。
お問い合わせ



野村有志twitter



公演履歴

[ 第十六回創造記念]
オパンポン☆ナイト
セレクション


2012年 5月18日 / 19日 / 20日

[ 第十五回創造記念]
人間って、いいな。

2010年 4月2日 / 3日 / 4日

[ 第十四回創造記念]
殿様ガエル

2009年 10月17日 / 18日

[ 番外公演]
田中のババア

2009年 6月27日 / 28日

[ 第十三回創造記念&
オパンポン☆ナイト Vol.2 ]
愛燦々 〜
セックス・スパッツ・ローライズ


2009年 2月10日 / 11日

[ 番外公演 ]
伸るか反るか 〜負け戦なのに最前線?あ、僕、死にますね。

2008年 10月18日 / 19日

[ 番外公演 ]
オパンポン★ナイトVOL.1
赤裸々
〜意外と頭ん中、空っぽ〜


2008年 6月13日 / 14日

[ 第十二回創造記念&KAVC
チャレンジシアター参加作品 ]
叫楽

2008年 2月29日 / 3月 1日/ 2日

[ 第十一回創造記念 ]
指切

2007年12月7日 / 8日/ 9日

[ 第十回創造記念 ]
伸るか反るか
僕は反ると思います


2007年9月19日 / 20日

[ 第九回創造記念 ]
しゅービガン

[ 大阪公演 ]2007年2月9日 / 10日
[ 東京公演 ]2007年4月10日

[ クリスマス番外編 ]
狂騒サラリーマン(30名限定)

2006年12月23日

[ 第八回創造記念 ]
ゴルチィネキングス完全版

2006年11月18日 / 19日

[ 第七回創造記念 ]
覆面家族

2006年8月4日 / 5日/ 6日

[ 第六回創造記念 ]
さようなら

2006年4月29日 / 30日

[ 第五回創造記念 ]
狂騒サラリーマン

2005年12月24日 / 25日

[ 第四回創造記念 ]
ゴルチィネキングス

2005年8月20日 / 21日

[ 第三回創造記念 ]
鮫島帝國

2005年4月9日 / 10日

[ 第二回創造記念 ]


2004年11月23日

[ 第一回創造記念 ]
青春

2004年8月26日

次回公演情報


野村有志の日記
10月にする事@ 2017年07月16日 04:32:02

まずはじめに。
10月31日に火曜日のゲキジョウに出ることになりました。
8月にも出るんだけど、10月のは挑戦的なものをしようと思ってて。
勿論8月のは8月ので僕には大きく大切なものですが、10月のは今尚何も決まってなくて。
自分の考えを整理するためにも、あまり誰も読んでないであろうココに何するかを考える過程を書いていこうかと。
この試みが成功するか失敗するかは知らないし
途中でやめるかも知れないけど
一先ず。



まず何をしようか。
失敗しないように書くなら極論明日には書ける。
今まで書いてきた幾つかある枠組みに場所と登場人物と理由を乗っければ済むだけの話だから。
でもそれはもういい。
失敗はしなくても満足はしないし先はないから。

だから新しい枠組みを。
でも新しい枠組みつっても、歌やダンスをする訳じゃなくて。
枠組みってのは今までやったことのない構成で芝居を創りたいってこと。
これは個人的な意見で聞き流して欲しいのだけど、
ダンスや歌の素養ない僕がそれで金取っちゃダメだと思うんだ。
オパンポンダンスはするかもだけど。アレでお金取ってる意識ないから。
あくまで「俺」の話ね。
だって俺の武器はダンスや歌じゃないんだから。
今持ってる武器はテンポと間、そして人間ドラマだと思うから。
※急いで注釈入れておくけど、この武器も最強の武器ではなく、武器として持ってるって話で、まだまだ磨きようがあるのを自覚してる。

んで、この3つは使いつつ挑戦したい。


そして、今まで脚本書く際のルールで変わらないものも3つ。

@固有名詞は使わない。特に芸能人の名前。
どうしても芸能人を登場させたい場合は架空の人物を。
Aテレビネタ、時事ネタもNG※歴史的事実は除く
Bオパンポンパンツ履いてて何言ってんだって思われると思うけど、流れに沿わない安易な下ネタは使わない。

この3つは厳守で。
となると、いつもと変わらないんじゃないかってお思いでしょう?でも、ここから始めたい。

今じゃ当たり前に演ってるけど「最後の晩餐」も僕の中では挑戦だったし、幕開くまで不安しかなかった。
けど、この作品のおかげで30GPもルナティックも優勝出来た。少しだけど先が見えた。気がする。
だからこそ、もっと挑戦してみたい。最後の晩餐以上に。

「10月にする事A」に続く。








コメント
お名前
メッセージ