プロフィール


[ 名前 ] 野村有志
[ 生年月日 ] 01/17
[ 血液型 ] AB型

16歳に俳優をはじめ、様々な舞台、 映画、テレビの仕事を開始。 24歳に一度、俳優業一年休暇の後、 再び、活動開始。 劇団オパンポン創造社発起人であり、 現在、舞台、テレビ、演出と幅広く活動。 又、俳優業だけに留まらず、 当劇団の脚本、演出も全て手掛けている。
お問い合わせ



野村有志twitter



公演履歴

[ 第十六回創造記念]
オパンポン☆ナイト
セレクション


2012年 5月18日 / 19日 / 20日

[ 第十五回創造記念]
人間って、いいな。

2010年 4月2日 / 3日 / 4日

[ 第十四回創造記念]
殿様ガエル

2009年 10月17日 / 18日

[ 番外公演]
田中のババア

2009年 6月27日 / 28日

[ 第十三回創造記念&
オパンポン☆ナイト Vol.2 ]
愛燦々 〜
セックス・スパッツ・ローライズ


2009年 2月10日 / 11日

[ 番外公演 ]
伸るか反るか 〜負け戦なのに最前線?あ、僕、死にますね。

2008年 10月18日 / 19日

[ 番外公演 ]
オパンポン★ナイトVOL.1
赤裸々
〜意外と頭ん中、空っぽ〜


2008年 6月13日 / 14日

[ 第十二回創造記念&KAVC
チャレンジシアター参加作品 ]
叫楽

2008年 2月29日 / 3月 1日/ 2日

[ 第十一回創造記念 ]
指切

2007年12月7日 / 8日/ 9日

[ 第十回創造記念 ]
伸るか反るか
僕は反ると思います


2007年9月19日 / 20日

[ 第九回創造記念 ]
しゅービガン

[ 大阪公演 ]2007年2月9日 / 10日
[ 東京公演 ]2007年4月10日

[ クリスマス番外編 ]
狂騒サラリーマン(30名限定)

2006年12月23日

[ 第八回創造記念 ]
ゴルチィネキングス完全版

2006年11月18日 / 19日

[ 第七回創造記念 ]
覆面家族

2006年8月4日 / 5日/ 6日

[ 第六回創造記念 ]
さようなら

2006年4月29日 / 30日

[ 第五回創造記念 ]
狂騒サラリーマン

2005年12月24日 / 25日

[ 第四回創造記念 ]
ゴルチィネキングス

2005年8月20日 / 21日

[ 第三回創造記念 ]
鮫島帝國

2005年4月9日 / 10日

[ 第二回創造記念 ]


2004年11月23日

[ 第一回創造記念 ]
青春

2004年8月26日

次回公演情報


野村有志の日記
謹賀新年 2018年01月03日 05:06:14

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

平成最後の本年、限界まで演ってみます。

応援のほど宜しくお願い致します!

オパンポン創造社 野村有志
平成三十年一月三日




人気blogランキングへ  コメント(0)


2018 2017年12月18日 05:52:47

2018

1/18-21 30GPです。
連覇します。
そしてオパンポン創造社は次のステージに。

4/19-22 「さようなら」東京・王子にて。
動員300を目指して。
有名な劇団や人気ある劇団なら当たり前に動員する数でしょうが、今のオパンポンには天文学的数字。

そして2月に客演します。
今発表できるのはこれぐらいですが
来年末まで色々と活動すると思います。
少しでも気にして下されば幸いです。

精一杯楽しんで頂けるよう精進いたしますので
何卒宜しくお願い致します。


それでは皆さま良いお年を。


オパンポン創造社 野村有志



人気blogランキングへ  コメント(0)


2017感謝 2017年12月18日 05:35:43

まずは今年も応援ありがとうございました。
心より感謝致します。

先日のオパンポン★ナイトが無事終わり今年も終えれた気がします。
ご来場下さった皆様に心より感謝。
そして緒方ちかさんが出演して下さったことが大きかったと思います。いや、思うじゃない、そう、紛う事なき事実。
おがちかさんが出演して下さり作品に真摯に向き合って下さった事が全てです。
そしてセプさん。セプさんにも感謝。
ゲキバカでセプテンバー酒井さんと共演し、その後、川添公二さんがオパンポンに出演してくださるようになり、僕は混乱して未だに川添さんをセプさんと呼んでますが、川添さんには感謝してもしきれないほどです。

おがちかさんも川添さんも役者として最高なのに、人間としても素晴らしい方々です。
そんな2人と演れたことが何より嬉しい。
ありがとうございました!!
この場を借りて改めて感謝を。

そして作品に関しては、池下さんに感謝。
ずっと出演してくださってたし、僕は基本当て書きなので池下さんがいないと書けなかった作品ばかりですし、多分。
ご存知ない方にはなんのこっちゃって話でしょうが、池下さんの事を一切触れないのはあまりにも気持ち悪いので触れておきますと、オパンポンに今後出演されないです。

あ、僕らの間にもつれとか特にないですよ。
勘違いされてる方もいらっしゃるようなのであえて言いますが、そもそも男女の関係でもないのでもつれることなんてなく。
ただ芝居を続ける上で一旦足元を見つめ直さなければならない年齢になったってだけ、と思います。

簡単にまとめると方向性の違いです。
ドリフターズを辞めた荒井注の「(いかりや)長さんみたいにお笑いだけの人生は無理だわ」って感じだと思います。

だから最良の結果は、互いの方向で互いに花開くこと。

そうなる為にも、オパンポン創造社、そして僕、野村有志は来年も走り続けます。
だってここまで走ってきたんだ、今更止まれるかよ。
まだ自分自身を諦めれないし。

来年も走り続けれるだけ走ります。
そして、今年は本当に感謝の年でした。
ありがとうございました!!



人気blogランキングへ  コメント(0)


30GP 2017年11月06日 03:21:27

オパンポン創造社が30GPに選出されました。
それもこれもご来場下さった皆様のお陰です。
心より感謝申し上げます。

前回大会で優勝&準優勝したので不参加すべきかとも思いますし、もっと若手の人達にもチャンスをとも柄にもなく思いますが、自分自身がまだ何者でもないのに譲ってる場合でもないってのもあって。
今回も参加させてもらう事になります。

ただもっともっと研ぎ澄まさねばならない所がおる作品でもありますので、再演できることに純粋に感謝。

そして、ひろみとのむらも出来れば。
あれは特に脚本にもっと出来る部分が。
アカガミキタカラ、も含め毎回その時の全力でも気にいるかいらないかは別の話で。
だからこそリトライしがいがあるって話でもあるんでしょうが。

それと、ひろみとのむらはもっと遊べそうだし。
ゲスト部分も含めて。
出来れば参加したい。

ま、その前にオパンポン★ナイト。
この短編三作品は、僕の中でほぼ完璧に近い作品。
勿論もっと研げる場所はあるけど、それ以上に研ぎ切った場所が多い作品です。
これは本当に沢山の人に観てもらいたいっと言う結局は12月の宣伝でした。是非!



人気blogランキングへ  コメント(0)


ひろみとのむら 2017年11月02日 05:06:16

10/31の火曜日のゲキジョウ
ひろみとのむら。終演致しました。
ご来場下さった皆様ありがとうございます。

もっと書き直さねばならない所とか
1ステ目と2ステ目のアクトの出来の違いだったり
書き直さねばならない箇所など
やっぱ本番を経なければ判らない事が当たり前ですが満載で。
再演するつもりなんてなかったですが、したいなぁーってのが今の正直な感想。
シークレットゲストの部分はやっぱ知らないから面白いし
表現の根本でもある驚きがある訳だけども
シークレットゲストが変わればそれはそれで毎回楽しめるとも思うし。

ほんでやっぱもっともっと真摯に芝居と向き合わないと、って気持ちが強まった作品になりました。
今回がダメな訳じゃないし、これはこれで良かったと思うのですが、もっと出来た気しかしない、当たり前だけど。

今回の手法だけでなく、驚いて欲しい。
お金と時間使って観にきてくれた人達に。

そして12/8-10のオパンポン★ナイトはがっつり真正面からぶつかっていきます。
真正面からだけど、真正面すぎて感動してもらえる作品です。
こちらも是非!!



人気blogランキングへ  コメント(0)


演劇。 2017年10月30日 05:28:10

演劇って一括りに語るほど無駄なことはないじゃない。

と、思ってブログを書き始めました。
要は隣の芝生は青くって話だけども、やっぱ色々目移りするし、その目移りする自身に落胆もする日々です。
でも、やっぱ相手もそうな訳で、いや、そうだと思いたい訳で。
相手って言っても不特定多数を指してるけども。

演劇に何を求めるか、だろうけど。
金や名誉だとか、それとも。って話で。

まぁでも承認欲求の塊だから目移りするんだけども。
全てを手に入れたくて。
いれれないのは歴史が証明してるのに。

自身が面白いと思える場所を大切に。
それしかないよね、自身の芝生を青く見せる努力しか。

自身の感覚を信じて。
その感覚を、感覚で終わらさずに。
何度でも再現できる知識と技術を元にして。

もっと深く、ブラジル行くほど深く深く。
でも作品は上っ面でも楽しめるものを。

何書いてるか判らないと思うけど、心のメモとして。



人気blogランキングへ  コメント(0)


火曜日のゲキジョウ10 2017年10月23日 04:47:13

もう来週になりました。
ひろみとのむらの火曜日のゲキジョウ。

挑戦する、これを合言葉に書き始めた訳ですが
結論言うと飛べなかった。
急いで訂正すると挑戦するのをやめた訳じゃないのだけども。
飛べなかった。
要は、ぶっ飛んでない。

良い風にお伝えすると
お金と時間を使って観に来てくださる方に楽しんでもらいたい。
それが頭から離れず楽しんで貰えるものを創ってしまった。
挑戦の部分も確実に楽しんで貰えると思う。
でもその挑戦は、挑戦じゃないかも知れない。
挑戦と言うよりサプライズ。
嬉しいサプライズ。

だから初心を振り返ると不完全燃焼な気もする。
稽古期間とクオリティのバランス考えて会話劇にしたし。
それは勿論皆さんに楽しんで貰えるように。

だってさ本当は皆さんが観たいのは量産型ではない
ある種、事件。事件を目撃したい。
皆さんと言うか、僕は、かもしれないけど。
魂が削られる瞬間みたいなのを。
まぁ今回も量産型ではないのだけど。

そして、これだけは伝えたい。
10/31魂削って楽しんで貰えるようにだけを目標な日々を。
比較的ライトでポップな作品だけど、ペーストと笑いは忘れずに。
人生の悲哀と、その先の微かな光を。

作品でなく、このブログはあっちこっち飛んだ話になりましたが、楽しんで貰えるよう邁進します。
是非来て下さい!

観終わると
なんだよ、面白いなぁこの人。ってなると思いますから。




人気blogランキングへ  コメント(0)


12月の詳細 2017年09月17日 02:07:14

オパンポン創造社 第十七回創造記念
「オパンポン★ナイト〜だからイトオシイ〜大阪凱旋公演」

2017年6月末、東京下北沢で行われたルナティック演劇祭にて【優勝・最優秀脚本賞・最優秀俳優賞(三人同時受賞)・グレート義太夫賞】を受賞した作品が大阪凱旋。
オパンポン創造社がお贈りする傑作選。

■交響曲第九番〜天国と地獄〜
気付くとここに居た。手元には「九番」と書かれた札。謝り続ける親父と共に迎えた終わりのはじまり。(2016初演/一人芝居)
■ストラーーイクッ!!
アナタが来るのを待っていました。
それでは、面接をはじめます。
誰もが過ぎ行くこの部屋で。(2010初演/二人芝居)
■最後の晩餐
地球最後の日、愛する人に会いに行くと、愛する人は浮気をしておりました。(2016初演/三人芝居)

12/8(金)19:00
9(土)15:00☆/19:00
10(日)13:00 /17:00
☆=セプテンバー☆ランチ

セプテンバー☆ランチとは…
オパンポン★ナイト=野村有志祭りの川添公ニ版!川添公ニさんが一人芝居を!二人芝居を!三人芝居を!
※ただし、セプテンバー酒井は出演しません。

※未就学児童入場不可
※受付開始、開場は開演の30分前


作・演出・出演/野村有志
出演
緒方ちか(ECHOES)
川添公ニ(テノヒラサイズ)

会場
アトリエS-pace
TEL 06-6934-0014


お問い合わせ
[MAIL]opanpon@hotmail.co.jp


料金 (全席自由席・日時指定)
前売
一般 2,500円
U-22 2,000円(要証明書)

劇団プロフィール

■プロフィール
2004年8月、野村有志による一人演劇ユニット・オパンポン創造社を旗揚げ。
旗揚げより全作品の脚本・演出を野村が務め、ペーソスと笑いを融合させた作品が支持される。役者としても、全作品出演。
外部への出演や作演出も多数。

最近の主な受賞歴
■2012
第五回ルナティック演劇祭
最優秀脚本賞
最優秀賞俳優賞
■2013
Short Act Battle Vol.2 vol.2 優勝
■2015
佐藤佐吉 優秀主演男優賞・優秀音響賞
■2016
第2回演劇トーナメント30GP優勝
■2017
第十回ルナティック演劇祭 優勝
最優秀脚本賞
最優秀賞俳優賞
グレート義太夫賞



人気blogランキングへ  コメント(0)


10月にする事I 2017年09月13日 05:10:05

笑いを追求するな。
挑戦しているかを判断基準に。

失敗してもいいんだ、いいの。
んでも失敗って呼ぶのは嫌だから、試行錯誤と呼ぶ。
試行錯誤をしていいんだよ、そうじゃないと。
成長しない。

こんな事書いてても、安パイな作品になるかもだけど
だって無茶するだけが挑戦じゃないから。
てか無茶(根拠なき暴走)は上手くいってもその時だけだ。
そんなもん、何の意味もない。
何度も言うけど、これは心意気の話。

そして人を描く。



人気blogランキングへ  コメント(0)


10月にする事H 2017年09月05日 04:49:33

自身の中で描くモノが決まり、
これ以上書くとネタバレになる気がする。

なので次ぐらいでこのシリーズは終了。

結果的にこれを書いた事で執筆にあたり好転材料になったのか、はたまた書かずとも良かったのかは判らない。
でも読み返してみて、判らない。
じゃあ、「でも」じゃないって話だけど判らない。

一先ず人間を描く。
なんか笑いのことばかりをブログで書いてたけど、僕は芝居を創る。人間賛歌を大きな声で歌う。
真剣であるが故に、可笑しいが最良。
と舞台の演技は声がデカすぎるよねぇ、とか言われたりするし、僕も言ったりするけど、どうでもいいんだよ。
どうだっていいそんな事。
リアリズムな芝居はいつでも出来る。
映像だったり、それこそ歳を重ねていけばそうならざる得ない。でもオパンポンではしないってだけ。
これは魂の叫びな訳だから。
魂の叫びながら、伝えるための技術を使う。
やっぱり伝えるってのが仕事だと思うから。
その答えが間違ってても構わない。
違うって思って貰えたらそれが正解だから。

台詞の嘘を減らす。
シチュエーションの嘘は構わない。
そこが宇宙だろうが、超能力者が居ようが構わない。
でもその場に居合わせた登場人物は嘘をつかない。
嘘を付くって言う本当以外。
何通りもある本心の中から最良の言葉を言うだけ。

初歩中の初歩な事ばかりだけど、大切な事。



人気blogランキングへ  コメント(0)