こんなにあった!ヒアルロン酸の効能について

ヒアルロン酸の役割について

ヒアルロン酸といえば、おそらく知らない人はいないのではないかと思うほど有名な言葉です。美容系のテレビ番組やcmなどでよく聞きますよね。しかし聞いたことはあっても詳しく知らない人がほとんどでしょう。ヒアルロン酸とは、アミノ酸と糖が重合した化合物で、粘着性質をもつムコ多糖という物質です。このヒアルロン酸は、人体の肌や関節、おへそなどさまざまな箇所に存在して、さまざまな役割を担っています。目では、その粘着性質で、目の組織をくっつけてくれていますし、関節では、その動きをなめらかにしたり、衝撃をクッションのように受け止める効果があります。また、保湿性に優れているので、目や肌の乾燥を防いで潤いを保ってくれています。

ヒアルロン酸の用途について

ヒアルロン酸の用途はさまざまですが、大きくわけると「医療」と「美容」の2種類です。医療としては、変形性膝関節症などの関節痛を抑えたり、眼科手術補助剤などに使われています。美容では、高い保湿力を利用し、美容液や化粧水、入浴剤などに使われています。また、サプリメントや機能性表示食品などの健康食品にも使われてたり、整形手術にも使われています。鼻を高くしたり、しわを減らしたり、豊胸したりできるのです。アレルギーの心配もほとんどありません。容姿にコンプレックスをもっている人も多いので、受けてみるのもいいかもしれません。このようにヒアルロン酸という成分は私たちが豊かな生活を送るのにとても役立っているのです。

© Copyright Hyaluronic Acid Floating. All Rights Reserved.