プロフィール


[ 名前 ] 野村有志
[ 生年月日 ] 01/17
[ 血液型 ] AB型

16歳に俳優をはじめ、様々な舞台、 映画、テレビの仕事を開始。 24歳に一度、俳優業一年休暇の後、 再び、活動開始。 劇団オパンポン創造社発起人であり、 現在、舞台、テレビ、演出と幅広く活動。 又、俳優業だけに留まらず、 当劇団の脚本、演出も全て手掛けている。
お問い合わせ



野村有志twitter



公演履歴

[ 第十六回創造記念]
オパンポン☆ナイト
セレクション


2012年 5月18日 / 19日 / 20日

[ 第十五回創造記念]
人間って、いいな。

2010年 4月2日 / 3日 / 4日

[ 第十四回創造記念]
殿様ガエル

2009年 10月17日 / 18日

[ 番外公演]
田中のババア

2009年 6月27日 / 28日

[ 第十三回創造記念&
オパンポン☆ナイト Vol.2 ]
愛燦々 〜
セックス・スパッツ・ローライズ


2009年 2月10日 / 11日

[ 番外公演 ]
伸るか反るか 〜負け戦なのに最前線?あ、僕、死にますね。

2008年 10月18日 / 19日

[ 番外公演 ]
オパンポン★ナイトVOL.1
赤裸々
〜意外と頭ん中、空っぽ〜


2008年 6月13日 / 14日

[ 第十二回創造記念&KAVC
チャレンジシアター参加作品 ]
叫楽

2008年 2月29日 / 3月 1日/ 2日

[ 第十一回創造記念 ]
指切

2007年12月7日 / 8日/ 9日

[ 第十回創造記念 ]
伸るか反るか
僕は反ると思います


2007年9月19日 / 20日

[ 第九回創造記念 ]
しゅービガン

[ 大阪公演 ]2007年2月9日 / 10日
[ 東京公演 ]2007年4月10日

[ クリスマス番外編 ]
狂騒サラリーマン(30名限定)

2006年12月23日

[ 第八回創造記念 ]
ゴルチィネキングス完全版

2006年11月18日 / 19日

[ 第七回創造記念 ]
覆面家族

2006年8月4日 / 5日/ 6日

[ 第六回創造記念 ]
さようなら

2006年4月29日 / 30日

[ 第五回創造記念 ]
狂騒サラリーマン

2005年12月24日 / 25日

[ 第四回創造記念 ]
ゴルチィネキングス

2005年8月20日 / 21日

[ 第三回創造記念 ]
鮫島帝國

2005年4月9日 / 10日

[ 第二回創造記念 ]


2004年11月23日

[ 第一回創造記念 ]
青春

2004年8月26日

次回公演情報


野村有志の日記
12月の詳細 2017年09月17日 02:07:14

オパンポン創造社 第十七回創造記念
「オパンポン★ナイト〜だからイトオシイ〜大阪凱旋公演」

2017年6月末、東京下北沢で行われたルナティック演劇祭にて【優勝・最優秀脚本賞・最優秀俳優賞(三人同時受賞)・グレート義太夫賞】を受賞した作品が大阪凱旋。
オパンポン創造社がお贈りする傑作選。

■交響曲第九番〜天国と地獄〜
気付くとここに居た。手元には「九番」と書かれた札。謝り続ける親父と共に迎えた終わりのはじまり。(2016初演/一人芝居)
■ストラーーイクッ!!
アナタが来るのを待っていました。
それでは、面接をはじめます。
誰もが過ぎ行くこの部屋で。(2010初演/二人芝居)
■最後の晩餐
地球最後の日、愛する人に会いに行くと、愛する人は浮気をしておりました。(2016初演/三人芝居)

12/8(金)19:00
9(土)15:00☆/19:00
10(日)13:00 /17:00
☆=セプテンバー☆ランチ

セプテンバー☆ランチとは…
オパンポン★ナイト=野村有志祭りの川添公ニ版!川添公ニさんが一人芝居を!二人芝居を!三人芝居を!
※ただし、セプテンバー酒井は出演しません。

※未就学児童入場不可
※受付開始、開場は開演の30分前


作・演出・出演/野村有志
出演
緒方ちか(ECHOES)
川添公ニ(テノヒラサイズ)

会場
アトリエS-pace
TEL 06-6934-0014


お問い合わせ
[MAIL]opanpon@hotmail.co.jp


料金 (全席自由席・日時指定)
前売
一般 2,500円
U-22 2,000円(要証明書)

劇団プロフィール

■プロフィール
2004年8月、野村有志による一人演劇ユニット・オパンポン創造社を旗揚げ。
旗揚げより全作品の脚本・演出を野村が務め、ペーソスと笑いを融合させた作品が支持される。役者としても、全作品出演。
外部への出演や作演出も多数。

最近の主な受賞歴
■2012
第五回ルナティック演劇祭
最優秀脚本賞
最優秀賞俳優賞
■2013
Short Act Battle Vol.2 vol.2 優勝
■2015
佐藤佐吉 優秀主演男優賞・優秀音響賞
■2016
第2回演劇トーナメント30GP優勝
■2017
第十回ルナティック演劇祭 優勝
最優秀脚本賞
最優秀賞俳優賞
グレート義太夫賞



人気blogランキングへ  コメント(0)


10月にする事I 2017年09月13日 05:10:05

笑いを追求するな。
挑戦しているかを判断基準に。

失敗してもいいんだ、いいの。
んでも失敗って呼ぶのは嫌だから、試行錯誤と呼ぶ。
試行錯誤をしていいんだよ、そうじゃないと。
成長しない。

こんな事書いてても、安パイな作品になるかもだけど
だって無茶するだけが挑戦じゃないから。
てか無茶(根拠なき暴走)は上手くいってもその時だけだ。
そんなもん、何の意味もない。
何度も言うけど、これは心意気の話。

そして人を描く。



人気blogランキングへ  コメント(0)


10月にする事H 2017年09月05日 04:49:33

自身の中で描くモノが決まり、
これ以上書くとネタバレになる気がする。

なので次ぐらいでこのシリーズは終了。

結果的にこれを書いた事で執筆にあたり好転材料になったのか、はたまた書かずとも良かったのかは判らない。
でも読み返してみて、判らない。
じゃあ、「でも」じゃないって話だけど判らない。

一先ず人間を描く。
なんか笑いのことばかりをブログで書いてたけど、僕は芝居を創る。人間賛歌を大きな声で歌う。
真剣であるが故に、可笑しいが最良。
と舞台の演技は声がデカすぎるよねぇ、とか言われたりするし、僕も言ったりするけど、どうでもいいんだよ。
どうだっていいそんな事。
リアリズムな芝居はいつでも出来る。
映像だったり、それこそ歳を重ねていけばそうならざる得ない。でもオパンポンではしないってだけ。
これは魂の叫びな訳だから。
魂の叫びながら、伝えるための技術を使う。
やっぱり伝えるってのが仕事だと思うから。
その答えが間違ってても構わない。
違うって思って貰えたらそれが正解だから。

台詞の嘘を減らす。
シチュエーションの嘘は構わない。
そこが宇宙だろうが、超能力者が居ようが構わない。
でもその場に居合わせた登場人物は嘘をつかない。
嘘を付くって言う本当以外。
何通りもある本心の中から最良の言葉を言うだけ。

初歩中の初歩な事ばかりだけど、大切な事。



人気blogランキングへ  コメント(0)


10月にする事G 2017年09月04日 05:12:19

動き出しました。
やっとこさ。

何か足りない、骨組み出来ても何か足りない。
前回のブログで書いた事件的な香りが。
足りない。

そう思ってウンウン唸ってたら思い付きました。
ある種反則かも知れないけど。
以前挙げてた六つのルールには違反してないし
そしてこれは誰も反則だとは言ってない。
誰も演ってないだけで。

でもただの反則にしたくなくて…
いや反則って言葉は違うな。驚き。
驚きと呼ぼう。
この驚きは、楽しみです。
でもただの驚きにはしたくなくて
芝居に組み込みたい。
ちゃんとそれがテーマにも沿うように。

その代わり執筆でのルールを一つ追加。
観客目線のツッコミ台詞は入れない。
これは入れると優しいんだけど。
観てくださる方にとって。

ダメなツッコミ台詞の例を挙げると
■長々と説明台詞を言った相手への
「説明しすぎだろ」だとか「それ誰たいして説明してんの?」だとかのツッコミ。

こんなの入れない。
オパンポン稽古場での言葉で言うと「客席に心が降りてる」台詞は入れない。演劇用語で言うなら舞台と客席にそびえる第3の壁は壊さない。
固有名詞ぐらい入れない。
芸能人の名前なんてのも楽してる気がするから。
芸人のギャグをそのまま入れるのも楽してる。
まぁこれは楽すぎると言うか、論外。
創造性が皆無でしょうよ、すでにあるギャグは。
チョイスのセンスは必要だし完全否定はしないけど。
でも、曲がりなりにも表現者名乗るなら真似される側にいようとしないと。いようとするって心意気が必須でしょ。されるされない以前に。
ま、でも、ギャグをパクった事がないなんて言えるほど綺麗な歴史も才能もない僕だけども。てへ!

ま、でも、心意気の問題。

そして作品は上手い下手とか技術とかの問題もあるけれど大した問題じゃない。
一番大切なのは心意気。
作品に向き合う気持ち。
どれだけ吐露できるか。
やってりゃ技術なんてつく。絶対。
昨日の俺より、今日の俺の方が技術あるはずだし。

10月も向き合おう。



人気blogランキングへ  コメント(0)


10月にする事F 2017年08月31日 02:41:25

骨組みは頭の中でほぼ出来た。
後は書き出すだけ、になって気付いた。
この駄文を読み続けてくれる人は1人いたらいい方だろうけど、その人も気付いてるかも知れない。
そう、いつもと変わらないんじゃないかって。
この感じで書くと、いつもの作品になるんじゃないかって。

事件。
事件の香り、がなさ過ぎる気がする。

その昔
ブルーハーツのヒロトがNHKの歌番組に上下ジャージで出演してた事件な香りが感じられない。
当時、ジャージでNHKに出るなんて考えられなくて
子供心になんて悪い人だと思ったのを強烈に覚えてる。
そしてなんてカッコいい人なんだとも思った。

そんな事件性の香りがする芝居を創らないと。
それはただ無茶すりゃ良いってもんじゃなく
インパクト求めた計算。
もういいキャリア積んでるのだから、売れてないだけで。
売れてないってのは残念な話だけど、積んでるのだから。
計算したインパクト、事件性を創らなければ。
最後の晩餐は上手くいったと思う、その点は。
自画自賛で気持ち悪いでしょうが、いったと思う。
あれが人間賛歌にも繋がれたし。

でもだからと言って、オパンポンダンスは違う。
事件性と言う意味では初見の人にはあるだろうし、
恥ずかしながら大切な武器だと思ってるけども
オパンポンダンスじゃない、事件性。

空気感。
今までにない空気感を創りたい。

出来るかどうかは置いといて。



人気blogランキングへ  コメント(0)


10月にする事E 2017年08月28日 03:15:25

とりあえず、昨日愛の話を書くと決めて
以下が現在の詳細。

ユニット名:ひろみとのむら
「Stay who you are〜i'm not what i was〜」
作・演出・出演:野村有志(オパンポン創造社)
出演:金澤宏美 
殿村ゆたか(MelonAllstars) 

タイトルは、和訳すると
「そのままの君でいて〜以前の私と思うな〜」
です、多分。いや絶対。

愛の話を書こうと思って、
結婚も含めた恋愛ってなんだろう
まぁそこには家族愛でも友情でも、
それこそ人間愛でもいいのだけど
なんだろうと思って。

良い悪いは一先ず置いておいて
人は変わるもの。
長渕剛の中で一番好きな言葉として
「生まれ変わるなら生きてるうちに」
これは良い意味でだけども。
僕もこれを強く支持する。

話逸れた。
グイッと戻して、愛の話。
趣味嗜好でもいいけど、変わるし
恋心も変わる、良くも悪くもどちらにも。

そんなこと考えてたら、このタイトルを思いついた。
ま、実際は〆切がギリギリすぎて、むしろ〆切過ぎててむりくり絞り出した。

そしてシチュエーションも決まった。
書き出さないとなんともだけど、今までの経験則からしてメジャーコードな話の種。
ギターどころか音楽知らないけども、メジャーコードかマイナーコードどちらか言えばメジャーコード。
これは話がメジャー(明るい)って訳じゃなく
執筆の前段階の構想時点でワクワクするって話で。
これがアイデアの時点でマイナーと感じた時は、どれだけ面白いと思っても脚本にエンドマークつけれたためしない。
だから書き切れるアイデアと思います、これ。

でも今回、大切なのは挑戦すること。
挑戦を忘れた表現者は立ち去れ。を胸に。
そして、作品タイトルの裏テーマとしてこの意気込みを込めて。




人気blogランキングへ  コメント(0)


10月にする事D 2017年08月27日 03:25:27

また振り出しに戻った。
前のブログを書いてから、
あれやこれやが頭の中をグルグル巡って
白紙に戻した。

誤解を恐れず言うと、
平日の火曜日のみに上演する芝居
しかも30分作品。
そしてその日限りの作品になる可能性が大。

それに何処まで真摯に向き合うか。
結論言うと、何処までも真摯に。
一回の上演にするかどうかは、その人次第だしね。
良いと思えば、最後の晩餐をルナティック演劇祭に持って行ったように何度でもやりゃいいし。

その上で今から、今回も「野村如きが、何を…」な事を書き連ねるていきますが、

やりたい事とやった事が無いモノが被らない。
そりゃそうだ、な結論なのだけど。
やりたい事は今までにやってるモンだし
やった事ないモノはやりたいと思ってこなかったモンなのだから、基本的に。

なので方法論(見せ方、所謂、演出)より
題材(テーマ)を見つけなければ。

なんか、10月にする事@〜Dまで同じ事の繰り返しの様だけど、そうなりました。
基本に戻りました。
テーマがあって、物語が出来て、見せ方を決める。
そしてまず役者は僕を含めて三人。
三人だけど登場人物は三人である必要が無い。
4人でも5人でも100人でも、そして1人でも。
それは見せ方次第。
そして順当に3人でもいいし、何でもいい。
大切なのは、テーマ。
やっぱ愛でしょう。そして男女の。
ま、これは最近のワイドショー見てて決めたんだけど。
愛の形について書きます。

愛と離れたシチュエーションで。
愛から離れれば離れるほど、
地球を回る様に元の場所(愛)に戻ると思うから。

まずは親に見られたくない作品を目指そう。
嗚呼…面白くなりたい。笑いだけでなく。



人気blogランキングへ  コメント(0)


10月にする事C 2017年08月24日 05:57:37

10月にする事Dです。
んでも、10月に上演する為のDだったかな、タイトル。
なんだっけ。
確認すればすぐなんだろうけど
面倒だ。
そもそもDだったかも曖昧だ。

結局、確認した。
10月にする事、でした。
そして、Dではなく、Cでした。

でも、タイトルは直さない。
いや、直そう。
直した。
改めて、10月にする事Cです。

何をしようか。
その前に、以前決めたルールの六個で
安易な下ネタ禁止。あったと思う。
ルールとか全てご破算にしたけども。
確かそんなルールを設けてた。

でも、先日のアカガミキタカラ、ヨマズニタベタ
がっつり下ネタ入ってましたね。
セックス後に人格変わるっての。
でもあれは必要だった。
戦争への想い、建前と本心。
30分の短い間に一人の人間に吐かせる為に。
別にそれはお酒でも、時代的にはヒロポンでもして
人格変わってもいいのだけど
それだとなんか面白味がないし、
何よりそんな描写の時間が勿体無い。
ヒロポンなんてしたこと無いから分からないけど
悟りから素に戻るのに時間かかるだろうし
何より起こりうる極限状態であるって事を表せるから
だからあの下ネタは必要でした。

なんか、10月にする事より、下ネタ入れたことへの
言い訳のブログになってしまった。

そして多分10月のも下ネタ入ると思う。
必要ならば。
次は多分、密室劇にすると思う。
会話だけで魅せれる作品にしたい。
地方にも体一つで行けば上演出来るように。

そして挑戦する為に、
挑戦するモノを見つけなければ。
やはり演出でだと思うなぁ。

演出といえば
先日のまいあがれのセットと言っていいか分からないけど、あのパーテーションの使い方に衝撃。
素晴らしすぎる。



人気blogランキングへ  コメント(0)


火曜日のゲキジョウ 2017年08月23日 10:42:53

火曜日のゲキジョウ終演しました。
ご来場下さった皆様心より感謝致します。

そしてこの作品を書けたのはペレイラ君のおかげ。
二年前にプロトテアトルが脚本を依頼してくれて
そしてお題に戦争を入れてくれたお陰。

戦争は茶化さないし、茶化すもんじゃない。
なにより戦争はクソだし、身勝手だ。
僕らみたいな何者でもないものはただ飲み込まれる。
その飲み込まれた渦からどれだけ足掻いて足掻いて
状況が二転三転しようが、戦争からは逃げられない。
作品の最後の蝉は終戦の知らせか、
それとも登場人物の方言からして別の悲劇か

実際数えきれない犠牲がある。

だからこそ、戦争を描くのは抵抗あるし
依頼がなければ戦争なんて扱わない。
単純に扱い難しいから。

でも書くなら真っ正面から。
そして目線は等身大で。
何より戦争を描いたとしても笑いから逃げない。
笑わせて、そして戦争自体は笑いにしない。

観た方はどうだったのだろう。
様々だと思いますが、
沢山の笑い声と温かな拍手に感謝。

また上手くいけば1月に30GPで再演出来ます。
もし出来ればまた笑いに来てください。

そして次は、10月。
次も何かに挑戦してみます。
面白いかどうかは、今の段階では保証なし!
でも、面白くする努力は惜しまず。
宜しくお願い致します!

そして最後に改めて、戦没者への追悼と感謝を。



人気blogランキングへ  コメント(0)


ゲキバト優勝しました 2017年08月04日 17:11:38

応援くださった皆様ありがとうございます。
そして何人かの人がこのブログを読んでくださってるそうで
非常に恐縮です。
ですが、これからも読まれてないテイで書いていきます。
読んでくれてる皆様も他人の日記を覗き見してる気分で

どうぞ。
チンコ。

チンコ、この三文字を書くって事は誰かに読まれてる
そんな意識はない証拠。
それでは、書き始めよう。

優勝した。
役者MVPと終演後のトークバトルのMVPも貰った。
もう僕はオモシロイでいいでしょう。
誤解を恐れずいうと狭い世界での優勝かもだけど
これは野村はオモシロイでいいでしょう。
オモシロイ奴はチンコってブログに書かないけども
そこはいいでしょう。

でも、反省点もいくつか。
前のブログにも書いたけど童話がベースにあるコント
だからまぁ0から創らなかったと言うのは反省。
反省というか次の課題。
あ、急いで訂正するけど、原作モノを否定するつもりないし
出来る立場でもないし、するつもりない(2回目)
そして原作モノも、
今回オパンポンがしたようなパロディも、
技術がいるし、パロディなんて切口間違えたり
調理方法間違えたら目も当てられなくなる。
素材が死ぬ。

ほんで、これは僕個人の話。
僕個人の話な上に、今の自分の気分の話。
「今日は呑みたい気分」みたいな話。
呑まないからそんな気分にはならないけど、そんな話。

今は0から創ることがしたい気分なだけ。

そんな気分だから、オパンポンパンツはやめておいた。
童話をベースにした上にそれするのは卑怯かなと思って。
そしてきゃっぴーさんやサカナさんもいるし、
ボケ要素はお任せして
僕はツッコミと言うか狂言回しじゃないけど
そんな位置に置いてみた。

だから僕の中ではパロディやる代わりに服は着る
この条件ならプラマイゼロ。正々堂々な作品創り。
と自分を納得させて。
服着て正々堂々ってのもおかしいけど。
服は普通、着る。し。
でも僕自身の見た目での笑いは無しにした。

そして優勝。最高。
改めて、応援ありがとうございました。
この言葉からも読んでくれてるの意識してるの判るよね。

まぁでも、ブログ書いてるのみんなに秘密な!



人気blogランキングへ  コメント(0)