プロフィール


[ 名前 ] 野村有志
[ 生年月日 ] 01/17
[ 血液型 ] AB型

16歳に俳優をはじめ、様々な舞台、 映画、テレビの仕事を開始。 24歳に一度、俳優業一年休暇の後、 再び、活動開始。 劇団オパンポン創造社発起人であり、 現在、舞台、テレビ、演出と幅広く活動。 又、俳優業だけに留まらず、 当劇団の脚本、演出も全て手掛けている。
お問い合わせ



野村有志twitter



公演履歴

[ 第十六回創造記念]
オパンポン☆ナイト
セレクション


2012年 5月18日 / 19日 / 20日

[ 第十五回創造記念]
人間って、いいな。

2010年 4月2日 / 3日 / 4日

[ 第十四回創造記念]
殿様ガエル

2009年 10月17日 / 18日

[ 番外公演]
田中のババア

2009年 6月27日 / 28日

[ 第十三回創造記念&
オパンポン☆ナイト Vol.2 ]
愛燦々 〜
セックス・スパッツ・ローライズ


2009年 2月10日 / 11日

[ 番外公演 ]
伸るか反るか 〜負け戦なのに最前線?あ、僕、死にますね。

2008年 10月18日 / 19日

[ 番外公演 ]
オパンポン★ナイトVOL.1
赤裸々
〜意外と頭ん中、空っぽ〜


2008年 6月13日 / 14日

[ 第十二回創造記念&KAVC
チャレンジシアター参加作品 ]
叫楽

2008年 2月29日 / 3月 1日/ 2日

[ 第十一回創造記念 ]
指切

2007年12月7日 / 8日/ 9日

[ 第十回創造記念 ]
伸るか反るか
僕は反ると思います


2007年9月19日 / 20日

[ 第九回創造記念 ]
しゅービガン

[ 大阪公演 ]2007年2月9日 / 10日
[ 東京公演 ]2007年4月10日

[ クリスマス番外編 ]
狂騒サラリーマン(30名限定)

2006年12月23日

[ 第八回創造記念 ]
ゴルチィネキングス完全版

2006年11月18日 / 19日

[ 第七回創造記念 ]
覆面家族

2006年8月4日 / 5日/ 6日

[ 第六回創造記念 ]
さようなら

2006年4月29日 / 30日

[ 第五回創造記念 ]
狂騒サラリーマン

2005年12月24日 / 25日

[ 第四回創造記念 ]
ゴルチィネキングス

2005年8月20日 / 21日

[ 第三回創造記念 ]
鮫島帝國

2005年4月9日 / 10日

[ 第二回創造記念 ]


2004年11月23日

[ 第一回創造記念 ]
青春

2004年8月26日

次回公演情報


野村有志の日記
ゲキバトのこととかnew 2017年07月24日 14:55:46

コント台本が書けたと呟いてから、何度改訂しただろう。
コントは本当に難しい。
でもそれは演劇より難しいって事じゃなく、方向が違うから
やり慣れてないからって意味での難しさもデカイけど。
勿論、演劇ならチョチョイのチョイって訳じゃなく
しんどいし、書くたびに僕には才能がないと落胆するけど
ま、でもコントの話。
話を進めながらも笑いがいるし
話と無関係な笑いは嫌いだから入れない、入れたくない
となると本当に難しい。
やっぱり芸人はすごい。

そしてコント書けば書くほど僕はやっぱり人間ドラマが好きなんだなと。思う。
演劇がやりたいんだなと。
物語の中に笑かそうとしてる人は要らない。
でも笑えるのは、真剣が故のおかしさ
人間が故のおかしさ
そして、それが悲哀に繋がるのが好きなんだなと再確認。

今日がゲキバト初稽古。
色々言い訳がましく言ったけど、面白いものを創る。
これは間違いない。

8/3 ロフトプラスワンウェスト 19:30より
opanpon@hotmail.co.jpでも予約受け付けてます。
氏名、枚数明記の上、ご連絡下さい。



人気blogランキングへ  コメント(0)


10月にする事B 2017年07月22日 03:01:06

@Aと書いて、まぁ書きながら思ってたんだけど
挑戦しようとしてる奴の思考じゃない。
70点は取れるように周りを固めていってる。
野村のバカはそんなダメなところがある。

だから、@Aで決めたことは御破算。
御破算にする。

10月のは今までやらなかった事全部に挑戦する。
出来ない、直ぐに言うけど全部に挑戦なんて出来ない。
出来ないけどその心意気をまずは土台としよう。
挑戦をやめた表現者は今すぐ表現の世界から去れ。
って誰かが言ってた、いや聞いた事ないけど、まぁ誰かは言ってるだろう。知らないけど、言ってそうだ。
でも変わらない良さ、そしてその凄さってのは絶対にある。
変わらないのは8月や12月。
いつものオパンポンを全力で。
疲れ過ぎてウンコ漏らすほどに、全力で。
実際、先日の東京で全力出し過ぎて少し漏らした。
そんな人居ないと思うけど、食事しながらこのブログ見てる人ごめんなさい。
だいぶいい大人にのに。漏らしたんだ、身体中の力がなくて。
漏らしたことに慌てる気力もなく、隣にいたセプさんに慌てず騒がず伝えたらセプさんが慌てて騒いでた。

ま、そんな話はいいんだけど、
全力で何かに取り組めるってのは何者にも代え難い。
僕みたいな才能ないダメ人間でも何かに必死取り組めば、少しでも報われるって判ったら、世界中の野村が俺も私もって動き出すかも知れないし。
実際そうだし、やるかやらないかだけだし。究極な話。

だから、10月は一先ず今まで決めたのは御破算。
テーマも考えない。
むしろテーマを持たず、何も伝えない気持ちで書く。
生きることばかり考えると必然として死が顔を出す。
それと同じ何も伝えないを徹底すれば何かが伝わる気がするから。一先ずそれで。

10月にする事Cに続く。



人気blogランキングへ  コメント(0)


ゲキバト台本 2017年07月21日 14:32:19

さきほど書き終わりった。
15分だし、童話をベースにしたから比較的すぐ書けました。

切り口さえ見つかれば書きやすい、誰もが知ってる話は。
でもこの切り口を誰かがやってないか、だけが不安。
きゃっぴーさんが居るから成立する切り口だから、被ってる事ないとは思うけど。

でも、ベースがある分、全くのオリジナルではない。
それがどうか、とは思う。
表現続ける上でそれを今する意味があるのか、と悩むし
でもこれはコントだから、って話じゃないし
コントって難しいし。
これは台本の話じゃなく、演技の話になるけど
コントと演劇で演技スタイル変えるとダメになる
コントこそちゃんと芝居しないと。
そして笑いに特化するって難しい。
全お笑い芸人へリスペクトと憧れある僕には中々なハードル。

じゃあ、なんで童話をベースにしたのか。
芝居では、今の僕ではやれないからが大きい。
やれないと言うかやらないから。
劇場押さえてまでやろうとは思わないし。
でも、童話ってツッコミどころ多いし
色んな視点で見れるし、やってみたくて。
今回はこれをやる事にしました。
8/3 19:30 ロフトプラスワンウエストにて。



ブログを書いてもTwitterとかにリンク付けないのは
あまり読んで欲しくないから。
じゃあ書くなよって話だけど
でも誰かに率直な気持ちを読んでもらえる場所として大切なので書いてます。
これからも「何言ってんだコイツ」な事書いていくかも知れませんが、出来るだけ率直な気持ちをそのまま書いていきます。
時には曝け出すのが表現でもあると思うし。

思春期の息子を持つ親の目線で見守って下されば幸いです。



人気blogランキングへ  コメント(0)


10月にする事A 2017年07月19日 05:50:23

前回の6つのルールが決定。
・テンポ重視
・間重視
・人間ドラマ
・固有名詞NG
・テレビネタ、時事ネタNG
・安易な下ネタNG


こうなるといつもと変わらない気がするって話。
でも、いつものように伝えたい。何かを。
僕がしたい仕事は何かを伝えることだし。
伝えることが何もなくても構わないんだけど、
それなら何もない事を伝えたい、観ている人に。

で、このブログを書くまでに前回から何日か経って
もう見せ方を変えるしかないのか、な結論にはなった。
僕が書きたい根本が変わらない以上。
演出をどうするか。
演出<脚本<演技、な僕が演出を考える。

作演兼ねてる人はほとんどそうなんだろうと思うんだけど
いつもは基本的に脚本の時点でどうするか考えてて
作と演出を分けて作業したことが無い。

だからそれが挑戦の1つでもいいのかも、と。
演出は完本、書き終わってから考える。
普段は全部決めながら書いてるから、それを追いかけるだけの演出になってる気するし。
もしかしたら、間やテンポを大体想定してるのも台本書き終わってからで良いかも。これは脚本に大きく寄与する部分だから難しいかもだけど。


なんか自分で自分の首を絞めてる気がする。
数人の、僕にとっては神様のような人しか読んでないブログで
出来もしないことを書き連ねている気がする。

でも出来る出来ないは自分が決めることじゃないから
一先ずこれは決定で。

・執筆作業と演出作業は完全分業

で、内容なのだけど正直今の段階で0。
ただ何かは必ず伝えたい。
「さようなら」で言うなら、今(自分)からの脱却
そんな主題は置いて書きたい。

じゃあ、次に決めるのはテーマ。
興味ないこと書けるほど器用じゃないし才能もない
でも、これこそ難題で、なければはじまらない。
書いたことなくて、興味あるテーマ。

大枠作ってから書いて、書きながらテーマ探すってのも
時間ないときに最後の手段ですることあるけど
そうじゃなく、最初にテーマを考えよう。
テーマがあるから、登場人物が産まれるように。


「10月にする事B」に続く。




人気blogランキングへ  コメント(0)


10月にする事@ 2017年07月16日 04:32:02

まずはじめに。
10月31日に火曜日のゲキジョウに出ることになりました。
8月にも出るんだけど、10月のは挑戦的なものをしようと思ってて。
勿論8月のは8月ので僕には大きく大切なものですが、10月のは今尚何も決まってなくて。
自分の考えを整理するためにも、あまり誰も読んでないであろうココに何するかを考える過程を書いていこうかと。
この試みが成功するか失敗するかは知らないし
途中でやめるかも知れないけど
一先ず。



まず何をしようか。
失敗しないように書くなら極論明日には書ける。
今まで書いてきた幾つかある枠組みに場所と登場人物と理由を乗っければ済むだけの話だから。
でもそれはもういい。
失敗はしなくても満足はしないし先はないから。

だから新しい枠組みを。
でも新しい枠組みつっても、歌やダンスをする訳じゃなくて。
枠組みってのは今までやったことのない構成で芝居を創りたいってこと。
これは個人的な意見で聞き流して欲しいのだけど、
ダンスや歌の素養ない僕がそれで金取っちゃダメだと思うんだ。
オパンポンダンスはするかもだけど。アレでお金取ってる意識ないから。
あくまで「俺」の話ね。
だって俺の武器はダンスや歌じゃないんだから。
今持ってる武器はテンポと間、そして人間ドラマだと思うから。
※急いで注釈入れておくけど、この武器も最強の武器ではなく、武器として持ってるって話で、まだまだ磨きようがあるのを自覚してる。

んで、この3つは使いつつ挑戦したい。


そして、今まで脚本書く際のルールで変わらないものも3つ。

@固有名詞は使わない。特に芸能人の名前。
どうしても芸能人を登場させたい場合は架空の人物を。
Aテレビネタ、時事ネタもNG※歴史的事実は除く
Bオパンポンパンツ履いてて何言ってんだって思われると思うけど、流れに沿わない安易な下ネタは使わない。

この3つは厳守で。
となると、いつもと変わらないんじゃないかってお思いでしょう?でも、ここから始めたい。

今じゃ当たり前に演ってるけど「最後の晩餐」も僕の中では挑戦だったし、幕開くまで不安しかなかった。
けど、この作品のおかげで30GPもルナティックも優勝出来た。少しだけど先が見えた。気がする。
だからこそ、もっと挑戦してみたい。最後の晩餐以上に。

「10月にする事A」に続く。





人気blogランキングへ  コメント(0)


ご冥福を 2017年07月10日 04:37:59

生きるってのは尊い。

ある女優が亡くなったのを昨日知った。

昨日知ったぐらいだから、近しい方じゃないんだけど
当たり前の事が頭じゃなく胸に来た。
生きるってのは尊い。
日々は尊い。
何もかもが尊いんだ。

お芝居を沢山したい、そんな呟きを最近されてた。



だからって今日からの俺の何かが変わる訳じゃないけど
ここに記しておく。

ご冥福を祈るとともに



人気blogランキングへ  コメント(0)


駄文 2017年07月03日 02:59:28

いつも以上に筆先でブログを。
暇なんだ。物理的にではなく、精神的に。
毎日が本番ならなんと幸せか。

と、ここ五年で貰った心のチャンピオンベルト。

■2012第五回ルナティック演劇祭
最優秀脚本賞
最優秀賞俳優賞
■2013 Short Act Battle Vol.2 vol.2 優勝
■2015 佐藤佐吉 優秀主演男優賞
■2016 30GP優勝
INDEPENDENT:3rdSeasonSelection / JAPAN TOUR(作演出した作品にて全7都市上演)
■2017 第十回ルナティック演劇祭 優勝
最優秀脚本賞
最優秀賞俳優賞
グレート義太夫賞

なのですが、こう言うを全く上手く使えてない。
どう使えばいいのだろうか。
こう言うのを上手く使えると毎日が舞台になるかも知れないのになぁ。
ま、積み重ねしかないか。
精進します。



人気blogランキングへ  コメント(0)


優勝しました。 2017年06月26日 16:12:53

応援して下さった皆様のお陰でルナティック演劇祭優勝しました。
ご来場される数がポイントに加算される演劇祭で
大阪からの3人が優勝しました。
改めまして、ご来場下さった皆様に心より感謝です。
そして最終獲得ポイントをご来場頂いた方の人数を引けば審査員票がどれだけ頂けたのかが判ります。
口外してはダメなようですが、評価して頂いたことに感謝。

だからこそ、
演劇祭決勝初日。リハーサル時間が短い、だとか、音響キッカケが多い、とか、来て下さる方々には関係ない事で僕らは出来うる限りの事を出来うる限り、最高な状態を出来るだけ、な訳だけどショウマストゴーオンな上演になってしまった事が悔しくて。
特に一人芝居。
作品をご存じない方には判らない説明になりますが
呼ばれる番号が違ったり
開く扉の音が天国なのに地獄の扉が開いた音がしたり
何も扉が開いていないのに地獄の獣の音がしたり

でも本番は続いてなんとかリアクションやセリフを変えたりしながら終えて、2人芝居、3人芝居を演じきれました。
終演後ダブルコールいただけた事が信じられなくて
そして申し訳なくて
でも、あの時の全力があの上演でした。
また特に一人芝居を観て頂ける機会があれば全力でそして最高のものを。

そんな想いがあったので最終日、一人芝居完成系を届けれて良かった。本当に。
音響さんとは色々話し合い、最高のものを最終日届けて下さり感謝です。
最終日のトリプルコールも心より感謝。

皆様のお陰で生きてる実感が溢れる日々でした。
これからも活動を続けますので気にかけて下されば幸いです。


改めまして、応援して下った皆様に心より感謝。
これからも出来うる限りを出来うる限り。




人気blogランキングへ  コメント(2)


トークライブ終了。 2017年06月16日 04:45:25

まずは上田ダイゴさんとのトークライブにお越し下さった皆様ありがとうございました!
心より感謝致します。
時間とお金をかけて来て下さった方に楽しんで貰おうとした余りに、余りすぎてそれこそ余計な事まで喋ってしまいましたが、根本はラブ&ピース。
そして森羅万象、時が解決する。
宇宙もいつか解明される。か、解明前になくなる。
僕らの存在なんてそんなもんだよ。
大したことなんて何もない。
だけども、そしてだからこそ大切に。

簡潔に言うと応援して下さってる方々全てに嘘偽りない感謝を。
出演者をはじめ、その仲間達に感謝を。
その感謝のお返しは芝居で出来うる限り。
皆様、今後ともよろしくお願い致します。

まずはルナティック演劇祭 決勝。
応援して下さってる方々がして良かったと思えるアクトを。
舞台を媒体にする以上は、それしかない。
まずは客席にいる方々の為に。

残り一週間の日々全ては、ルナティック演劇祭へ。



人気blogランキングへ  コメント(0)


リトルミスサンシャイ 2017年06月12日 03:52:09

良い映画だった。
久々に観たけど、やっぱ良い映画。

言葉にすると陳腐だけど、本当の負け犬は何もしない奴だ。
本当そう。
やらない癖に承認欲求だけは一人前の人達を沢山見てきたし
僕もその中の一人だったりするし。

そんな僕でも、一歩踏み出そうと思える映画。
いいんだよ、俺の事なんて誰も気にしてないんだから。
躓こう。歩いた証拠に。

6/23&25
下北沢小劇場B1
ルナティック演劇祭 決勝です。

大きな演劇祭ではないけど、それがまた丁度いい。



人気blogランキングへ  コメント(0)