プロフィール


[ 名前 ] 野村有志
[ 生年月日 ] 01/17
[ 血液型 ] AB型

16歳に俳優をはじめ、様々な舞台、 映画、テレビの仕事を開始。 24歳に一度、俳優業一年休暇の後、 再び、活動開始。 劇団オパンポン創造社発起人であり、 現在、舞台、テレビ、演出と幅広く活動。 又、俳優業だけに留まらず、 当劇団の脚本、演出も全て手掛けている。
お問い合わせ



野村有志twitter



公演履歴

[ 第十六回創造記念]
オパンポン☆ナイト
セレクション


2012年 5月18日 / 19日 / 20日

[ 第十五回創造記念]
人間って、いいな。

2010年 4月2日 / 3日 / 4日

[ 第十四回創造記念]
殿様ガエル

2009年 10月17日 / 18日

[ 番外公演]
田中のババア

2009年 6月27日 / 28日

[ 第十三回創造記念&
オパンポン☆ナイト Vol.2 ]
愛燦々 〜
セックス・スパッツ・ローライズ


2009年 2月10日 / 11日

[ 番外公演 ]
伸るか反るか 〜負け戦なのに最前線?あ、僕、死にますね。

2008年 10月18日 / 19日

[ 番外公演 ]
オパンポン★ナイトVOL.1
赤裸々
〜意外と頭ん中、空っぽ〜


2008年 6月13日 / 14日

[ 第十二回創造記念&KAVC
チャレンジシアター参加作品 ]
叫楽

2008年 2月29日 / 3月 1日/ 2日

[ 第十一回創造記念 ]
指切

2007年12月7日 / 8日/ 9日

[ 第十回創造記念 ]
伸るか反るか
僕は反ると思います


2007年9月19日 / 20日

[ 第九回創造記念 ]
しゅービガン

[ 大阪公演 ]2007年2月9日 / 10日
[ 東京公演 ]2007年4月10日

[ クリスマス番外編 ]
狂騒サラリーマン(30名限定)

2006年12月23日

[ 第八回創造記念 ]
ゴルチィネキングス完全版

2006年11月18日 / 19日

[ 第七回創造記念 ]
覆面家族

2006年8月4日 / 5日/ 6日

[ 第六回創造記念 ]
さようなら

2006年4月29日 / 30日

[ 第五回創造記念 ]
狂騒サラリーマン

2005年12月24日 / 25日

[ 第四回創造記念 ]
ゴルチィネキングス

2005年8月20日 / 21日

[ 第三回創造記念 ]
鮫島帝國

2005年4月9日 / 10日

[ 第二回創造記念 ]


2004年11月23日

[ 第一回創造記念 ]
青春

2004年8月26日

次回公演情報


野村有志の日記
勢い任せの戯言です。 2016年03月30日 05:28:24

言い訳が上手くなりたい。

台本をシコシコ書く日々。
言い訳が上手くなりたい。
上手じゃなく、それが真実なほど。

書いてる台本は馬鹿馬鹿しいのばかり。
でも馬鹿馬鹿しければ馬鹿馬鹿しいほど言い訳に真実味がなきゃ途端に冷める。
冷めるとそれは演劇ではなくなる。気がする。

言い訳と言うより理由付けだけども、上手くなりたい。

例えば、男が一時間遅れて待ち合わせ場所にくる。
寝坊が理由じゃつまらない、し、寝坊するのは普段の俺だ。
寝坊じゃなきゃ、例えば、バスに乗り遅れた。
でも、何故バスに乗り遅れた。
転けた?
転けたなら転けたなりに怪我や汚れが登場時に必要だ。
でもそれだとベタ過ぎるから、50箇所骨折した状態でくる。
気持ち悪い。
じゃあ頭にウンコが乗ってる?
ウンコを乗せた状態で「ごめん遅れて!」と登場する?

途端に冷める。

ウンコ乗せた奴が出てくる芝居は冷める。
ウンコ乗せる人間が居て成立するのは、よほどの言い訳が必要だ。
そう言う宗教。
これは細かすぎるディテールをいれれば狂気に変わって面白いかもだけど、やりたいことじゃない。
じゃあ、と言うか、ウンコ乗せる男が遅れてくるのは却下。
ウンコ、ウンコうるせーよ。ね。

じゃあ、寝坊でもなく転けてたのでもなく、何故遅れた、か。
僕が好きな時系列シャッフルする物語なら、遅れた理由に別の物語を差し込めて楽しいがここでは置いておく。

ここで言いたいのは、遅れた理由で話が膨らむ理由。
膨らまないなら遅れてこらせる意味がない。
待ってた男か女が怒る理由にしかならない。

と言うかそもそもなぜ待ち合わせ相手は一時間も待ってるのだ。
これにも理由が必要。「言い訳」と言う言葉で説明するのはもう諦めた。
そう、理由があるはずだ。

この物語にテーマがあれば話は変わってくるが、ここではそれも置いとく。
今はただこのシチュエーションを膨らます理由だけに。

結婚式。
遅れてくるのは新郎。

これは話が膨らむ。いやでも、導入がベタ。
毒にも薬にもならない物語はもううんざりだ。
では、

時間が来たようだ。今日はここまで。
時間が来たのは何故かって?


言い訳が上手くなりたい。



人気blogランキングへ  コメント(0)


勢い任せの戯言です。 2016年03月30日 04:57:17

誰が読んでるか判らない、多分宣伝してないから誰も読んでないこのブログ。
え?読んでるの?君珍しいね。

30GPの話。

3/26より発売されて、4日?経ったのかな。
まだ完売カードは一つも無い模様。
みんな、注目してないのかな。
数ある中から選ばれた8組だからハズレはないはず。と、思いたい。し、自身のは面白い作品にキンキンに仕上げるつもり。
ま、面白いって言ってもどう面白いのかって話だろうけども。
久しぶりのはじめましてと最後の晩餐に通じる面白さとしては哀しみの中にある可笑しみと人間讃歌に集約されるのだけど。
久しぶりのはじめましては物語のパズルが嵌る瞬間と人生交差、世界中の野村有志への応援歌。と、美香本響さんへのラブレター。
それを池下さんの役で響さんへ伝えて貰ってます。
ま、これは20歳前後で憧れの先輩として出会って疎遠になっての再会があったからの話で観てる方には伝わらないかも。
最後の晩餐は、ただただ人間のくだらなさと愛おしさ。それをおもぬそ叩きつける気持ちで書いた愛の話。
語感で伝えると、愛!!!!!の話。

そんな感じです。
そして演るからには一人でも多くの方に観てもらいたい。
観てもらえないなら、家で演ればいいし、最悪演らなくてもいい。
30GPはぶっちゃけ親戚縁者全員呼べば勝てるシステム。
でもそれで勝っても意味ない。一つも嬉しくないしむしろ哀しい。
観てくださる方には是非とも面白い方に入れて欲しい。

演劇は笑だけがあれば良い訳じゃない、から面白さは十人十色。
だから面白いって言うか、琴線に触れた方に入れて欲しい。
そして、一人でも多くの人に観てもらいたい。
観てもらえないと、役者はゴミ以下だ。極論言うと。

と、いう言葉をいくらココに書いても誰も読んでない。
ちゃんちゃん。by北野武



人気blogランキングへ  コメント(0)


30GP 2016年03月26日 18:21:26

★30GP@1st(恵美須町)

【チケット発売中!】

http://independent.base.ec

☆4/21(木)19:00〜◾池シタアツ子の美カモト響×三等フランソワーズ
☆22(金)19:00〜◾オパンポン創造社×劇団ヴァダー
23(土)準決勝 /24(日)決勝

30GPの勝敗は皆さんの投票で決定。
面白い方に素直に投票して下さるのが創り手として本望ですし、それより一人でも多くの方々に観て貰ってなんぼです。
面白いのん演ります。
チケット発売中!
ka-geki.com/?eid=178
i




人気blogランキングへ  コメント(0)


ノープランで書く小噺 2016年03月25日 01:28:23

ワォ〜ン

久しぶりに降り立ったこの町は相変わらずで
夜になると犬の鳴き声しか聞こえなく
街灯も殆どなくただの暗闇

今いる公園なんて暗闇度合いは漆黒とも言っていいほど

「カッちゃん?」

そう呼びかけられても何処から、そして誰から声を掛けられたか分からない

「え」

分からないが、誰かが俺を呼んだ
今じゃ誰も呼ばない昔のアダ名で

「え、だれ?」
「オレオレ」
「え、だれ?」
「ビチオだよ」
「え?ビチオってウンコビチオ?」

子供は残酷で容赦がない
ウンコビチオとは、その名の通り漏らしたウンコがビチオだったのだ
子供は残酷で容赦がない

「ビチオ、何してんの?」
「何してんのって、カッちゃんとかくれんぼしてるんだよ」
「え?オレと?」
「うん」
「え、してないよ」
「いやしてるよ」
「いつから?」
「え?25年前から」
「…え?」
「だから、25年前から」
「ずっと?」
「うん、ずっと。だって俺の事、見つけてないだろ?」
「…そうだっけ」
「そうだよ。カッちゃん見つけないまま転校してったから」
「…」
「でも、やっと見つかった。良かった。じゃ家帰るわ」
「え?」
「え?なに?」
「いや、え?今まで、25年間一度も家帰ってないの?」
「ないよ、かくれんぼしてんだから。だから心配してると思うんだ」
「そらな」
「だろ、だから帰るわ」
「いや、え?」
「え、、あ、鬼変わる?まだやりたいんだ、ごめんごめん。じゃ30秒ね!」
「え、え?」
「いくよ!いーち、にーー」
「おい、ビチオ」
「なに?さーーーん」
「いや、さーんじゃなくて…」
「よーーーん!」
「…ぅわぁあああ!!!」

こうして僕は走れるだけ走って遠くに逃げた。
その後のことはなにも知らない。





人気blogランキングへ  コメント(0)


ノープランで書く小噺 2016年03月23日 21:36:58

チーム・コブラが検挙されこの街にまた平和が訪れたと思えた矢先

キキーーーーーーー!!!

コブラの仇を討とうとコブラの盟友チーム・ドラゴンが襲来した!
ドラゴンは総勢150人ほどの武闘派集団だ。
奴らに敵う相手などこの街には居ない。
暴れ狂うギャング達。

私は110番した。

めでたしめでたし。





人気blogランキングへ  コメント(0)


3/26am10時〜 2016年03月23日 14:25:08


作演・出演で参加👉オパンポン創造社「最後の晩餐」
作演で参加👉池シタアツ子の美カモト響「久しぶりのはじめまして」

◼第2回30GP チケット販売

火曜日のゲキジョウ3rdシーズンの総括である「第2回30GP」のチケット販売についてご案内いたします。

30GPは、賞金を目指して8劇団が激突するガチンコのトーナメント。勝ち上がり作品を選ぶのは観客の皆様です。
そこで各劇団とお客様の双方がフェアにこのトーナメントに参加できるように、すこしお手間はかかるのですが、フェアなチケットの販売方法を導入いたしました。以下の注意書きをご確認の上、お早めのチケット購入をおススメいたします。
なお、第1ラウンド4試合は、ノミネートされた再演作品となりますが、準決勝以降は、新作や別作品を上演予定のユニットもあります。作品や対戦カードの確定していない、準決勝や決勝のチケットを買うのは躊躇があるかもしれませんが、対戦カード決定以後は、即完売の可能性が高いので、お早めの購入をご検討下さい。

販売サイト「 ITG Ticket Shop 」
アドレス http://independent.base.ec
料金 ●第1ラウンド〜準決勝:前売2,000円/当日2,500円
●決勝:前売2,500円/当日3,000円
発売日 3/26(土)10:00〜 (発売開始次第、商品が表示されます。)

詳しい詳細は👉http://www.ka-geki.com/?eid=178

宜しくお願い致します。




人気blogランキングへ  コメント(0)


ノープランで書く小噺 2016年03月23日 03:35:59

キキーーーーーーー!!!

静かな住宅街に響くブレーキ音
奴らが来たのだ。

奴らの名はチーム・コブラ!
隣町を牛耳るギャング達だ!
奴らはこの街の主権を奪うべく乗り込んで来たのだ。

私はすぐさま110番した、冷静に。

めでたしめでたし。



人気blogランキングへ  コメント(0)


中之島春の文化祭 2016年03月23日 03:27:20

タイトルのイベントに4/30に参加するんです。
その台本を書いては没して何日経っただろう。
考えるのも嫌になるほど経った。

まーまー面白いじゃ演る意味がない。
僕は悲喜劇を創りたい。
娯楽を創りたい。
大いに笑って貰いたい。
人間を描きたい。
ドラマを観たい。
でも、今は眠たい。
おやすみなさい。
的な駄目人間が半歩も前に進まなくても進めるかもぐらいの光を見せたい。
改めて、おやすみなさい。




人気blogランキングへ  コメント(0)


結局宣伝です。 2016年03月22日 02:59:43

評価されなくても良いしされる訳ないクオリティ。
でも一人で楽しむほど円熟味ある精神ないから、誰かには読んで欲しいと言う一縷の自己顕示欲で書いてるノープランで書く小噺。
楽しい。
一円も発生しないもんだから、責任感なく適当でいいし。

30GPに比べたら。

あ、30GPの宣伝します。
八ヶ月ほど例外除いて毎週火曜日に行われていた火曜日のゲキジョウに参加した団体から8組選んでトーナメントしようぜ、30GP。
これにオパンポン創造社と池シタアツ子の美カモト響の2団体がが参加します。
だから、どちらかが優勝出来ない。
ドコかに負ける。
問題はドコに負けるか。

演劇は色んな楽しみ方があるから、優劣付けるのはナンセンスだとは思う。
思うけども、だからと言って一括りに同じだとも思われたくない。と強い想いがないと創れない、僕は。

ま、でも、観てくれた方が少しでも楽しんで貰える為に創ってます。だから楽しんで貰えるのが最良です。

4/21-24まで@independent:1stで演ってます。
よければ応援宜しくです!
楽しんで貰えるものを創ります。




人気blogランキングへ  コメント(0)


ノープランで書く小噺 2016年03月21日 06:25:39

汗が滲む。
その汗は6分を過ぎた辺りから滝のように溢れ出てくる。

目の前にあるテレビでは高校球児が白球を追っている。
私のより何故か水々しと清潔さを感じさせる汗を振りまきながら。

そう、サウナの話。

10分を過ぎると息をするのも辛い。
だが、私はサウナから出ない。断固として。
それは何故か。
私の後ろに座る男に負けたくない、そんな子供染みた理由だ。

彼は私がこのサウナに入った時から鎮座していた。
他にも客は居たのだが10分を過ぎたころには入れ替わり私より長くここに残っているのは彼一人。

そんな彼を私は心の中でオブジェと呼ぶことにした。
20分。
まだオブジェは白球を追う高校球児を目で追っているようだ。
もしかしてオブジェはこの試合を観終わるまで出ないと自分ルールでも課してるのだろうか。
だとすればオブジェは気が狂ってる、試合は3回裏を終わったばかりなのだから。

30分。
何度か意識が飛んだ。白球が飛ぶより飛んだ。
オブジェはオブジェらしく微動だにしてないようだ。

40分。
死を意識しながら、意識が死ぬほど飛ぶ。白球は飛んでいるのかもう分からない。

50分。
もしかしてオブジェは、本当にオブジェかも知れない。
そんな気がして、思い切って後ろを振り返った。
そこにはミイラのようにガリガリに痩せた中年男性が座っていた。汗まみれでテカついた身体。ペチャついた頭髪。ネバァついた口元。

そんなオブジェは私に甲高い声で
「君もサウナ自殺志願かい?お互い頑張ろうね!」

そう言った刹那、オブジェは死んだ。

ウゥウウーーーーーー!!

救急車のサイレンではない。
試合終了を知らせる甲子園のサイレンの音がサウナ中を覆った。
オブジェの死を知らせるかのように。
テレビに目を向けるとコールド負けした瞬間に青春も終わった高校球児達が涙を流していた。オブジェや私が流した汗の100分の1ほどの涙を。
だか、100倍以上頑張ったと思う。
彼らは私達より確実に。

こうして私は、頑張るとはなんたるかを学んだのだ。





人気blogランキングへ  コメント(0)


次の 10 件 →